【作例】α6400を持って広島散歩 〜海軍の街 呉の魅力を SIGMA単焦点レンズで切り取る

カメラ

どうも、yasuです。

今日は広島の有名な海軍の街「呉」をカメラ散歩してきました。作例多めでご紹介していきます。

装備はSonyミラーレスα6400とSIGMA 30mm F1.4の単焦点レンズの組み合わせです。単焦点レンズはズームができないので、最初は不便だなと思ってました。でも使っているとすぐに慣れて、むしろ一眼カメラらしい「ボケ感」が非常に気に入りました

歩き回りたいので、車ではなく電車で移動。初めてJR呉線に乗りました。広島駅〜呉駅まで約45分です。海の景色を眺めながら乗る電車はいいものです。

まずは何と言っても腹ごしらえということで、人気のラーメン屋に向かいました。むしろ今日のメイン目的なんですけどね(笑)

呉駅から徒歩約7分の「麺処 いつか」に到着。11時20分ごろに着いたのですが、既に6人ほど行列ができてました。11時開店なので、ちょうど第一陣から漏れた感じです。

約30分待ってから入店。店内はカウンターとテーブル。家族3人で切り盛りされている感じでした。慌ただしい感じもなく、落ち着いて食事ができました。

つけそばとチャーシューご飯を注文。濃厚で大大満足でした。ぜひまた来たいです。次は平日に来てみようかな。

つけそば 750円
刻みチャーシューごはん 300円

お腹も満たされたところで、アーケード街へ。呉は意外と懐かしの街並みが残ってます。昔ながらの商店街は、人の生活や暮らしぶりが感じられるので好きです。

少し色味をいじるともう昭和の雰囲気です。令和の時代になってもまだまだ変わらないものもありますね。

 

そして次は、港の方へと向かいます。呉集会所には、映画やドラマにもなった「この世界の片隅に」のイラストが貼られていました。

すぐ近くにある呉市立美術館に寄り道。初めて一人で美術館に入りました。大人の階段を上った気がしました(笑)

おい待てよー
待てってばー
いや埋まっとるー

 

そして呉観光の定番 大和ミュージアムへ。今回は館内へは入らず、港付近をぶらぶら。大和ミュージアムは何度も来たことがありますが、周辺をゆっくり歩いたのは初めてでした。

大和ミュージアム
てつのくじら館。こっちもオススメ。

いわゆる裏側?というか海側からみた大和ミュージアムです。

ワン!ワンワン!
いや切れとるー

まとめ

以上、「海軍の街 呉」のカメラ散歩写真でした。

このSIGMA 30mm F1.4 単焦点レンズ、めっちゃいいです。本当にサクッと雰囲気がいい写真が撮れるので、実は初心者向けなのかなとも思い始めてきました。約3万円でこの画質は本当に満足です。ちなみに前回は、ズームレンズで広島の三原という街を散歩しました(19年5月のこちらの記事

今まではいっつも車移動でしたが、案外電車でも色んなところに行けるんだなと実感しました。さすがは公共交通機関ですね。

またカメラ散歩をしたら写真をアップします。

それでは今回はこの辺で!

 

コメント