FUJIFILMミラーレス「X-S10」開封/作例レビュー。初心者におすすめ&エモいカメラ

カメラ

どうも、yasu (@yasu_hilife)です。

今回ご紹介するのは、FUJIFILMのミラーレスカメラ「X-S10」です。

約11万円で購入できて、エモい写真&動画が撮れる初心者におすすめのカメラです。

「初めて買うミラーレスを探している」「自撮りしやすいカメラが欲しい」といった方におすすめです。

それではご紹介していきます。

FUJIFILM X-S10 まとめ
良い点
・コンパクト&レトロなおしゃれボディ
・写真も動画も撮れる基本性能
・バリアングルで自撮りしやすい
・フィルム風のエモい写真が撮れる

気になる点
・11万円と決して安くはない
・電池があまり持たない(特に動画撮影)

レビュー動画はこちら

 

今回ご紹介するモノ

FUJIFILM X-S10

今回ご紹介するのは、富士フイルム(FUJIFILM)のミラーレスカメラ「X-S10」です。

レンズ抜きで約11万円という価格で、写真も動画も撮れて自撮り対応モニターという、まさに初心者にもぴったりなモデルです。

公式HPから引用

富士フイルム X-S10
発売時期2020年11月
価格(本体のみ)約11万円
センサーサイズAPS-C
画素数2,620万画素
本体サイズ約12.6 × 8.5 × 6.5 cm
重量約465g
手ブレ補正あり
モニターバリアングル式
スマホアプリ対応

X-S10を購入する場合は、以下の選択肢から選ぶことになります。今だに人気モデルのため、入荷待ちのモノもありました(2022年の12月時点)。

・ボディのみ:約11万円
・XC15-45mmレンズキット:約13万円
・XF18-55mmレンズキット:約17万円
・ダブルズームレンズキット:約15万円

わたしが購入したのは、以下のダブルズームズームレンズキットです。2つのレンズが付いて約15万円。

 

当初は、X-S10本体のみ+Sigma 18-50mm F2.8 レンズ の構成を考えていました。

ただし、このSigmaのレンズは2022年12月に発売後すぐ入荷待ちが続いてるので、まずはレンズキットを購入することに。

 

開封レビュー

同梱印刷物

まずはさくっと同梱物の印刷物です。

説明書や保証書の他に、製品登録の案内などが入っています。

 

カメラ本体

そしてこちらがカメラ本体。いやーーーーかっこいい。これが欲しかったんよ。

 

カメラ上部(軍艦部)は金属素材で上質感があります。そして、グリップが深いので握りやすさもGood。

背面から見ると以下の感じ。全体的にシボ加工が入っているおかげで、レトロ感がありつつ本格的です。

 

背面モニターはバリアングル式。横に開いてくれるので、自撮りがしやすくなっています。

YouTubeやVlogに使いやすい

 

続いて、本体の接続関係。下部のバッテリー収納部にSDカードが1枚入るようになっています。

また側面には、マイク入力 / USB typeC / micro HDMI の端子が並んでいます。

個人的にはUSB-C対応がとても嬉しいです。今使っているα6400はmicroUSBなので、旅行の時など持ち運ぶケーブルが1本増えるのが地味に面倒ですからね。。

 

同梱レンズ

今回購入したのは「ダブルズームレンズキット」なので、2つのズームレンズが同梱しています。

まず1つ目は「XC15-45mm F3.5-5.6」です。日常で使いやすい画角がコンパクトにまとまっています。

 

そして2つ目は、「XC50-230mm F4.5-6.7」です。望遠端が230mmとかなり遠くの被写体を撮ることができます。

α6400で所有している SEL18135 の135mmでもかなり寄れる印象だったので、この230mmでどこまでズームできるかが楽しみです。

 

 

同時に購入したアクセサリー

せっかく買ったカメラなので、大事に使いたいと思いアクセサリーを購入しました。

どれも1,000円ちょいで買えるのでおすすめです。ちょっとした出費で、ガシガシ使えるようになるので安いものです。

・Kenko 液晶プロテクター
・Kenko レンズプロテクター 52mm
・Amazon basic レンズプロテクター 58mm
created by Rinker
Amazonベーシック(Amazon Basics)
¥805 (2023/02/05 06:57:22時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

実際に使用したレビュー(作例)

それでは、実際にカメラ散歩をしてみた作例をいくつかご紹介します。

まだちょっとしか触れてないのに、すぐにFUJIFILMのファンになってしまいました。

何気ない風景を撮るだけでも、色味がめちゃくちゃ良い感じの雰囲気にしてくれます。

 

今回持ち出したレンズ「XC50-230mm F4.5-6.7」の画角もチェックしてみました。

コンパクトなレンズながら、意外とズームすることができます。これは驚いた。

広角端15mm
望遠端45mm

 

他にも撮影した写真をいくつかご紹介。F値は低くないですが、そこそこボケてくれます。

 

本当に色味が良い。新しいカメラの楽しみ方を知ることができました。

このFUJIFILMの魅力にハマる人が多いのも納得です。

 

実際に使ってみた感想

それでは最後に、感想をまとめます。

本体デザインや絵作りの両方でおすすめできるミラーレスカメラです。

FUJIFILM X-S10 まとめ
良い点
・コンパクト&レトロなおしゃれボディ
・写真も動画も撮れる基本性能
・バリアングルで自撮りしやすい
・フィルム風のエモい写真が撮れる

気になる点
・11万円と決して安くはない
・電池があまり持たない(特に動画撮影)

 

まとめ

以上、FUJIFILMミラーレス X-S10のご紹介でした。

Sonyのα6400と用途としては重なりますが、本当にFUJIFILMらしさがある良いカメラで大満足です。

ご参考まで、わたしが追加で購入した互換バッテリーは以下となります。YouTubeなどの動画撮影にX-S10を使われるかたはぜひ持っておくことをおすすめします。

 

それでは、今回はこの辺で失礼します。Twitterをフォローしてもらえたら嬉しいデース

あと2022年にYouTube始動しましたので、こちらも良ければ覗いてみてください