【作例】α6400を持ってバリ島へ。心が癒される写真をお届けします

カメラ

どうも、yasuです。

10月も終わりに近づき、ようやく寒くなってきました。まぁ、早く寒くなって欲しいわけではないですが、寒さを感じて「もう冬やなぁ」とも言いたい。そんな今日この頃です。

先日はバリ島への乗り継ぎで、α6400を持って上海タワーに行った写真をご紹介しました。今回はバリ島の写真をご紹介していきます。

レンズは、お気に入りのシグマ(SIGMA)の単焦点 30mm F1.4 です。

バリ島でのリゾート挙式

友人の結婚式は「ザ リッツ カールトン バリ」でした。リゾート地はゆっくりとした時間を過ごせるのでいいですね〜

ザ・マジェスティックチャペル

日が沈むころから、海沿いで食事会。その場にいる皆が、幸せな雰囲気に包まれていました。

レンボンガン島でリゾートを満喫

2日目は、バリ島からフェリーで約40分の「レンボンガン島」に行きました。船代/ランチ/マリンアクティビティ/島の観光が全て込みで、約1万円で午前〜15時頃まで楽しめました。現地でノリで参加しましたが、ほんっとうにサイコーでした

下記写真の船を拠点として、以下のアクティビティを楽しみました。
・シーウォーカー
・シュノーケリング
・バナナボート 2種類

iPhone XSで撮影

シーウォーカーは、ヘルメット的なのを被って海底を歩くヤツです。思ったより気軽にできましたが、引き上げる時に現地スタッフからの扱いが雑でビビリました笑(他の人には丁寧やったのにw)

島に上陸してビュッフェランチを楽しんだ後に、レストランのプールや目の前のビーチでのんびり。

ビーチを散歩していると、サンゴで作られたアートを発見。カメラを構えてる心が踊りました。

車で島内をぐるっと回ってくれるツアーでした。東尋坊的なスポットにも寄れました。

夜はバリ島に戻り、ホテルの前のビーチで音楽を聴きながらのんびり。

まとめ

以上、インドネシアのバリ島での写真でした。

素敵な時間を過ごして、カメラの楽しさを改めて感じました。自分自身が楽しいのはもちろんですが、写真を見て人に喜んでもらえると、さらにカメラが楽しくなります。

たかがカメラ1つですが、こうして人生を明るくしてくれるのは素敵だなと思いました。

早く次の旅行に行きたいです。笑

それでは今日はこの辺で失礼します!

コメント