GoPro MAXと同時に購入したアクセサリー(ケース/ミニ自撮り棒/リュック装着)

カメラ

どうも、yasuです。

GoPro MAXの開封レビューとサンプル動画をこちらの記事でご紹介しました。もうGoPro MAX最高。

今回は、GoPro本体と同時に購入したアクセサリーをご紹介したいと思います。GoProはアクセサリが豊富なので、自分の用途に合わせて自由にカスタマイズできます。

購入したGoProアクセサリー

わたしが購入したのは、以下の4つです。それでは、1つずつご紹介していきます。
・GoPro MAX 本体ケース
・ミニ自撮り棒/三脚
・リュック装着マウント
・microSDカード 64GB

GoPro MAX 本体ケース(Ulanzi GM-1)

まずはこちら。まだGoPro MAXはそんなに種類が少ないなか、サイズぴったりで良かったです。もちろん、ラバーのレンズ保護キャップを付けたままでもきちんと閉まります。

ミニ自撮り棒/三脚(PGYTECH)

続いて、ミニ三脚。選ぶのにけっこう悩みました笑。GoPro純正のショーティー(約5,000円)と比較して、デザインや機能性と価格に優れる、以下のPGYTECHのモノにしました。360度カメラは合成で棒が消えるので、自撮り棒があるとすごく撮影に便利なのです。

created by Rinker
PGYTECH
¥3,266 (2021/07/25 18:46:36時点 Amazon調べ-詳細)

持ってみるとかなりコンパクトです。さりげなく撮影できてGood。

以下が、棒を伸ばした様子。写真だとかなり長く見えますが、25cm程なのでざっくり腕一本分伸びるイメージです。

そして、三脚を立てた様子。きちんと3点で自立します。旅行先で食事中にテーブルの上に置いたりして活躍しそう。

ミニ自撮り棒を付けた状態でも、ちゃんとケースが閉まります。この状態でいつも持ち運びしてます。

 

リュック装着マウント(Taisioner)

続いてこちら。リュックのベルトにGoProを装着するマウントです。わたしは下記の第三世代を購入。

GoProをリュックに付ければ、自分目線の撮影ができます。カメラを手持ちしないので、周りの目線もだいぶ気にしなくてOKです笑

包装は安っぽい笑

まずマウントに装着してみた様子。GoPro本体の穴にネジを通して締めるだけでOK。

リュックに装着するとこんな感じ。内側が滑り止めになっているので、動き回ってもちょっとやそっとでは下にズレることはないです。

こんな風に装着したまま回転させることができますが、使い道が不明です。笑

 

microSDカード(SanDisk 64GB)

最後はSDカード。まぁあまり言うことは無いですが、360度動画だと処理データ量も大きいかなと思い、書き込み速度が早そうなモデルにしました。実際、問題なくスムーズに動作してくれています。

まとめ

以上、GoPro MAX用アクセサリーのご紹介でした。

1個1個はお買い得ですが、合計すると約7,600円となかなかの金額になりました笑。先日の開封レビュー記事でも紹介しましたが、下記のような動画が撮れるので自撮り棒はぜひオススメです。

カメラα6400やGoPro MAXで楽しむカメラ生活を、これからも発信していきますので、Twitterをフォロー頂ければ嬉しいです!

それでは、今回はこの辺で失礼します。