GoPro MAXを購入。最強アクションカメラの開封レビュー

カメラ

どうも、yasuです。

またまたガジェットを購入してしまいました。笑

2019年10月に発売されて以降、評価が高くずっと気になっていて、今年もいろいろ旅行に行くぞ!ということで購入を決心しました。今回は「GoPro MAX」の開封レビューをしていきます。

GoPro MAXって何?

アメリカのWoodman Labs社の、言わずと知れたアクションカメラの定番「GoPro(ゴープロ)」

テレビ番組で、よくヘルメットなどに付いてるのを見かけますね。2019年10月に最新モデルGoPro HERO8 Black」「GoPro MAXが発売され、その完成度の高さが話題になりました。

「GoPro MAX」は2つの魚眼レンズで360度撮影ができるアクションカメラです。

わたしが今回購入したのが、「GoPro MAX」です。

GoPro MAX 開封レビュー

それでは開封していきます。箱はいつものGoProの感じ。

箱から中身を引き出していきます。GoProはいつもこの接着が固いんだよなぁ…笑

取説やステッカーの他に、USBケーブルやバッテリー、レンズカバー(ラバー/プラスチック)や保護袋が入ってます。

それでは、本体を見ていきます。これは予想よりかなり小さい!
HERO8などの360度撮影ができないモデルとそんなにサイズは変わらないです。

本体を上から見てわかるように、前後2つの魚眼レンズで360度撮影が可能。

側面には電源ボタン兼モード切り替えボタン。

反対側の側面から、専用のバッテリーを差し込むかたちになっています。

側面は、アクセサリーと連結するためのマウントが収納されています。2019年のHER08 とMAXからこの構造になり、別途マウントを装着する必要がなくなりました

こんな感じに開く

付属のレンズケースを付けてみます。まずは透明プラスティック。かなり球体状に出っ張りますね。このケースは使わないと思うので、薄ら見えているフィルムはそのままにしてます。

そして、もう1タイプのラバーケース。こちらはスリムにレンズを保護できるのでGoodです。ただ、カメラ使用時にカバーを外すと、無くしてしまいそうです笑

実際に撮影してみた

それでは、さっそくGoPro MAXで撮影したサンプルです。

近所の神社で散歩してきました。もう手振れ補正が最強すぎて、恐ろしいほどヌルヌルです。また、短い棒アクセサリーを付けているのですが、合成処理で綺麗に消えています。

▼以下のアクセサリーを付けて撮影。本体と一緒に購入したGoProアクセサリーは、別途記事でご紹介します。

まとめ

以上、GoPro MAXの開封レビューでした。

期待通りの手ブレ補正性能と、まるでドローンで撮ったかのように視点を編集できる360度動画は、最高です。これからもっと触り倒していきたいと思います。

こうして新しいカメラが仲間入りすると、Sony ミラーレスα6400と合わせて旅行に行きたくなる笑

カメラやガジェットを中心に発信してますので、Twitterをフォロー頂ければ幸いです。

それでは今回はこの辺で失礼します!