映画「キングダム」の感想。最高のキャスト&夢を追う絆に涙

映画・ドラマ

どうも、映画好きのyasuです。

2019年4月19日公開の「キングダム」をさっそく観てきました。

わたしが最も好きな漫画ともあり、不安と期待が入り混じってましたが、非常に良い映画でした!原作を知らなくても楽しめます。わたしの感想をご紹介したいと思います。(ネタバレなし)

電子書籍で、一気読みしてしまいました(笑)

ざっくりあらすじ

中国の戦国時代を舞台に、下僕の主人公/信(山崎賢人)が、秦王/えい政(吉沢亮)と共に、秦国内の反乱に立ち向かっていく物語。ヤングジャンプで絶賛連載中の漫画が原作です。

「キングダム」の感想

久しぶりに、良い邦画を観た気がします。
テンポが良く原作を知っていても非常に楽しめました。

わたしが感じた、良かった点をご紹介します。

その1. 原作の世界観・熱量が忠実に再現されている
原作ファンとしては「どこまで邦画で再現できるのだろうか?」となめてましたが(笑)、満足な出来上がりでした。色んな身分・境遇の人たちの感情が、原作同様にリアルに描かれてました。特に、夢を語っている姿は、ことばの1つ1つが胸に突き刺さるようでした。

その2. 最高のキャスト
わたしが本作を観ようと思った理由の1つに「出演者が豪華」という点があります。山崎賢人と吉沢亮、長澤まさみだと・・・観るしかねぇ!といったノリです。(もちろん、橋本環奈ちゃんもね)

特に素晴らしかったのが、吉沢亮(えい政役)と本郷奏多(成きょう役)でした。2人ともわたしが好きな役者で、本作では原作キャラをまさに”実写化”してました

山崎賢人・本郷奏多・橋本環奈は、実写版に数多く出ててすごいですね(笑)
#ジョジョ、斉木楠雄、orange、銀魂、テニスの王子さま、アカギ…など

その3. ONE OK ROCKの主題歌が鳥肌もの
トドメはこれです。好きな原作&役者の時点で満足な上に、主題歌がワンオク。サイコーかよ。

壮大な世界観を表現していて、初めて聴いたときは鳥肌が立ちました。

まとめ

以上、映画「キングダム」の感想でした。

本当に素晴らしく、今後の邦画にも期待が持てるなと思いました。

原作ファンとしては、続編をぜひ作って欲しいです。むしろ、この世界観のまま連続ドラマにして欲しいくらいです(笑)。

有名な海外ドラマ「GOT(ゲーム・オブ・スローンズ)」のように、世界に羽ばたいてほしいです。

「キングダム」 /10 点(2019年4月20日)@Tジョイ東広島

 

さぁ、来週はついにアベンジャーズ公開。早く観たい…!