映画「アラジン」の感想。ワクワク&胸キュン。Disneyらしさが詰まった1作

映画・ドラマ

どうも、yasuです。

個人的に今月は「映画強化月間」ということで、2019年6月7日に公開された、Disneyの最新映画「アラジン」を観てきました。

公開に合わせて、地上波ではエマ・ワトソン主演の「美女と野獣」が金曜ロードショーで放送されてたんですね。。Disneyでもかなり好きな作品でもう一度観たかったので、見逃してショックです( ´Д`)

それでは、さっそく「アラジンの」感想を紹介していきたいと思います!

ざっくりあらすじ

貧しい青年 ”アラジン” が、王宮の外の世界を知るために街に出てきた王女 ”ジャスミン” や、3つの願いを叶えてくれる魔人 ”ジーニー” と出会い、本当の自分はどうあるべきかを見つけていく物語。

「アラジン」本予告編

 

「アラジン」の感想

それでは感想です。さすがDisney映画、非常に楽しめました
わたしが個人的に良いと感じたポイントを3つにまとめました。

その1. 魔人”ジーニー” の盛り上げがワクワクする
ウィル・スミス演じる”ジーニー”が、魔法を使ってパレードやパーティーを盛り上げる演出があるのですが、コレが良かったです。まるで1つのショーを観ているかのように、ワクワクしました。手拍子をしたくなる感じです(笑)。初めてジーニーのビジュアルが公開された時は、世界中で「大丈夫かコレ⁉︎」と話題になったりもしましたね。

「アラジン」TV SPOT キッズ②編

 

その2. アラビアンな世界観が美しい
宮殿や衣装、街並みといったアラビアンな雰囲気が、まるでちょっとした旅行に行っているかのような気分にさせてくれました。Disneyは、作品ごとに世界中の色んな文化を見せてくれるという面でも、わたしは好きですね。

 

その3. 人として大切なことを気付かされる
最後はなんといってもコレですね。誰もが持つ”欲望”や”見栄”などがありながらも、本当の自分はどうあるべきなのか、そういったテーマを各キャラクターから学ばされました。もし将来子供ができたとしたら、Disney作品を観せて、楽しみながら人として大事なことを学んで欲しいなと思いました。

まとめ

以上、映画「アラジン」の感想でした。本作はワクワクと楽しめました。時に不器用に、時に大胆に王女へアプローチしていく様子は、ちょっと胸キュンでした笑。

「アラジン」 /10 点(2019年6月8日)@Tジョイ東広島


#おまけ
わたしは映画を観たあと、しばらくはその世界観から抜けられなくなります(笑)。この記事も、アラジンのサウンドトラックを聴きながら書きました。(あ ほ〜にゅ〜わ〜)

コメント