映画「ボヘミアン・ラプソディ」の感想 〜魂揺さぶられる名作!迷わず観るべし

映画・ドラマ

どうも、映画&ドラマが好きなyasuです。

ここ数年は、1人でレイトショーを観に行くのも楽しみとなってます笑

気になりつつも機会を逃してた「ボヘミアン・ラプソディ」を、ようやく鑑賞できました。

わたしは世間の話題作を「本当か?」と、つい疑ってしまうのですが、本作は文句なしの名作でした。



ざっくりあらすじ

伝説的ロックバンド「クイーン」が苦難を乗り越え、ライブエイドの舞台に立つまでを、フレディ・マーキュリーを中心に描いた物語

「ボヘミアン・ラプソディ」の感想

序盤であっさりとクイーンが有名になり驚きました。しかし、本作の本質はその後の展開にありました。

フレディが天才的な才能で地位を得つつも、大切な妻・バンドメンバーとのすれ違いに不器用に苦しむ姿が印象的でした。

絶妙なフレディの心境を表情1つで表現する、主演のラミ・マレックの演技力は鳥肌モノでした。

苦難を抱え・乗り越えつつ挑む、終盤のチャリティコンサート「ライブエイド」では、涙腺が崩壊してしまいました。このライブシーンのための映画と言っても過言ではないです。

また、今回初めてIMAX上映を体験しました。


弧を描く巨大スクリーン&迫力の音で、本作にはぴったりでした(気持ちの問題?)
IMAX自体は評価しにくいですが、作品が素晴らしかったので文句なしです。

まとめ

普段はアクション・SF映画を好んで観るわたしですが、本作は最高に素晴らしく楽しめました

終盤のライブシーンでずっと泣いていたので、少し目が腫れました笑
#トイレの鏡で自分を見て驚きました笑

「ボヘミアン・ラプソディ」 10/10 点(2019年1月26日)@イオンモール広島


本作で胸を打たれ、心が浄化されました。

観るか迷っている方は、ぜったいに観ることをおすすめします!


コメント