α6400 購入後にやるべきオススメ設定。初心者でもかんたん

カメラ

どうも、yasuです。

もうじき5月も終わりですね。そしてボーナス時期が訪れますが、貯金もしないとな…と考えている今日この頃です笑。

今回は、2019年2月にSONYから発売されたミラーレスカメラα6400について、わたしなりのおすすめの初期設定をご紹介します。

ひと言メモ
商品レビューやおすすめアクセサリーは、こちらの記事でご紹介してますので、よかったらご覧ください

ざっくり3つにまとめました。それでは早速、1つ目からいきましょう〜

その1 ファインダーを見やすくする

この設定を変更すると”ファインダー表示が滑らかになる”ので、見やすくなります。
(コレをしないと、わたしは撮影するときに酔いそうになる…)

まず、MENUから「ファインダーフレームレート」を選択します。

そして、デフォルトの標準から高速に切り替えるだけです。

続いてもう1つ。覗きこむファインダーのピントを合わせます

上の画像のダイヤルを、ファインダーを覗いた状態でクルクル回してピント調整します。

実際にのぞいた状態(カメラにiPhoneくっつけて撮影)

 これで完了です。ファインダーを見やすくして、バッチリ撮影できるようになります。

その2 ファイル形式や自撮りの設定

ファイル形式を変更して、撮影した動画をスマホに転送できるようにします。
(Wi-Fiでスマホに転送する方法はこちら

実はこれをしないと、購入した状態ではカメラで撮影した動画をスマホにWi-Fiで転送できないのです。(知っておかないと後悔しそうですね!)

MENUから「記録方式」を選択して「XAVC S HD」に変更します。

わたしは動画をスマホに気軽に転送したいので、この設定で使用してます。

あとは自撮りセルフタイマー設定です。

あくまで個人的にですが、自撮りする時に「3,2,1…」とカウントダウンは不要です。

みんなで撮るときに、3秒が地味に長く感じるんです…

その3 位置情報をONにする

わたしはスマホでも、撮影した写真/動画には位置情報が付くようにしてます。

なぜなら、写真を探したいときにとても便利だからです。

たとえばiPhoneの写真アプリなら、以下のように撮影した写真を地図上に表示できるので便利。
#Googleフォトでは「福岡」といった地名検索もできて便利です

α6400では、スマホとBluetoothでペアリングすることで、スマホ経由で位置情報を付与することができます。

まず初めに、スマホ側にSONYのアプリをインストールします(iPhoneAndroid

アプリ名:Imaging Egde Mobile

その後アプリを起動して、以下の「位置情報連動」をタップして設定します。

※今回の記事では、詳細の手順は省略させていただきます。(ご希望あれば追記します!)

この設定が完了すると、カメラを起動するだけで自動でスマホと繋がるので、自分で都度ペアリングする必要はありません。

まとめ

以上が、わたしなりのオススメ初期設定でした。

カメラの使い方は人それぞれですが、初心者の方のご参考になればと思います。カメラ関係の記事は今後もこちらでご紹介していきます。(Twitterもフォローしてもらえると嬉しいです)

それでは、今回はこの辺で失礼します!