【比較】ミラーレスα6400とiPhone XSはどっちが綺麗?〜料理編〜

カメラ

どうも、yasuです。

ついにお盆休みが終わり、今日月曜からお仕事再開でした。わたしはメーカー勤務なので休みが長く、9連休とリラックスすることができました。

今年のお盆休みは、地元の福岡に帰省して家族団らんを楽しみました。そしてもちろん、どこに行くにもSonyのミラーレスカメラα6400を持って写真を撮っていました(笑)。先日購入レビューしたSIGMAの30mm F1.4 単焦点レンズにもようやく慣れてきました。

今回の記事では、ミラーレスカメラα6400とiPhone XSではどっちが綺麗に撮れるのか?を比較していきたいと思います。今回は、スマホでよく撮影する【料理写真】で比較します。思いつきで撮影しただけですが、ミラーレスカメラの購入を検討されている方のご参考になれば幸いです。

比較するもの

今回は、以下の2つで撮影した写真を比較します。

・Sony ミラーレス一眼 α6400
2019年2月発売。初級〜中級向けAPS-Cカメラ。レンズはSIGMA 30mm F1.4単焦点レンズを装着。(商品レビューなどこちらでご紹介してます)

・Apple スマートフォン iPhone XS
2018年9月発売。言わずと知れたiPhoneの最上位モデル(現時点)。

撮影サンプル比較

それでは、さっそく比較していきます!

まず1つ目は「うな重」です。いきなり飯テロです。もし深夜に見られている方がいたら、申し訳ありません(笑)。一応、今回ご紹介のお店は最後に全て紹介します。福岡のお店ですが(汗)

ミラーレス一眼 α6400
iPhone XS

α6400は、うなぎの脂の光り方・色合いが綺麗です。iPhone XSもじゅうぶん綺麗ですが、奥に漬物やおしぼりが写ってしまいました。なるべく同じ構図を意識して撮影したのですが、α6400の方がより画角が狭いので、うな重だけを収めることができます。

このように、カメラとスマホの比較なので、色合い・ボケ感などの違いはあるのは当たり前ですね(笑)。この後の比較サンプルも「これくらい違うんだ〜」と気軽に見ていただけたらと思います。

 

では2つ目「ハンバーガー」です。これはなかなか良い勝負ですね。ボケ感の違いはあれど、お肉やソースはiPhone XSの方がちゃんと見えます。

ミラーレス一眼 α6400
iPhone XS

 

どんどんいきます。続いて3つ目は「ちゃんぽん」です。α6400の方が色鮮やかですね。iPhone XSの写真も色合いをイジれば良い勝負になるかもしれません。

ミラーレス一眼 α6400
iPhone XS

 

続いて4つ目は、麺類つながりで「豚骨ラーメン」です。わたしは博多っ子なので、ラーメンはやっぱり豚骨が落ち着きます。写真は、なんだかiPhone XSの方が美味しそうですね。α6400は少し暗い印象になってしまってます。

ミラーレス一眼 α6400
iPhone XS

 

最後は、「カレー」です。小洒落たお店のチキンカレーは絶品でした。写真はパッと見は大差無い気もしますが、背景のボケ感などよく見るとα6400の方が雰囲気がありますね。

ミラーレス一眼 α6400
iPhone XS

まとめ

以上、ミラーレス一眼α6400とiPhone XSの写真比較【料理編】でした。

写真を比較してみて、カメラとスマホそれぞれの良さを改めて感じました。スマホは何といっても気軽に&綺麗に撮れることが魅力ですね。いつでも携帯していることも強みだと思います。

一方でミラーレスは、やはり雰囲気のある写真が撮れることが魅力ですね。まるで雑誌やブログのような写真が簡単に撮れます。旅行先での食事など、ここぞという時に綺麗に残すことができます。

なんとなく思いつきで比較しましたが、なかなか楽しかったです。α6400もiPhone XSも買って良かったなぁと実感できました。

最後に、今回撮影した料理のお店をご紹介します。下記のタカヒロさんのブログで、雰囲気からメニューまでわかりやすく紹介されているので、ぜひご覧ください。
・うなぎ:山道(やまみち)@福岡市 平尾
・ハンバーガー:コナズ珈琲 @福岡県 那珂川市
・ちゃんぽん:麺専科 げんき @福岡県 那珂川町
・ラーメン:大ちゃんラーメン @福岡市 野間
・カレー:ぐぐカレー @福岡市 平尾

 

それでは今回はこの辺で失礼します。(ご飯食べたのにお腹空いてきた…笑)

コメント