Nintendo Switch 出力ケーブル。実はMacBookの画面出力にも使える

商品レビュー

どうも、yasuです。

せっかく自宅のデスクに27インチモニターを設置したので、デスクでもNintendo Switchを遊びたい。ということで、ドッグ不要でスイッチの画面を出力できるケーブルを購入しました。

実はこれ、MacBookやiPadの画面もType-Cで出力できます。

それではさっそくご紹介していきます。

今回購入した商品

購入したのは、CNSL製のドック出力ケーブルです。

Amazonで約3,600円で購入。このCSNL社の商品が定番品みたいで評価も安心できます。

以下のように、Nintendo Switchとテレビ(もしくはモニター)を繋いで、最後にこのケーブルに45W以上の充電ケーブルを挿せば完了です。

Amazon商品ページより引用

スイッチ本体に同梱されているドックがなくても、このケーブルがあれば外出先など普段以外のモニターにも気軽に画面出力ができます。

デスクモニターにセット

それではセッティングしていきます。

スイッチようのケーブルは、下記のようにパックされた状態で届きました。

モニターのHDMIに挿して、もう片方のType-Cをスイッチ本体に挿します。あとは45W以上の充電ケーブルを挿せば完了と、非常にかんたんです。

注意点
モニターにスピーカーが非搭載の場合は、別途スピーカーを用意しないと音が再生されません。

あと実はこれ、ケーブル1本でMacBookを出力する用途にも使えました。

通例であればモニターがUSB Type-C対応していない場合は、ドックやアダプターでHDMIからUSB Type Cに変換が必要になります。ですが、このCNSLのスイッチ用ケーブルにより、MacBookにType Cの接続だけで画面出力&充電ができます

ケーブルをうまく整理すれば、USB Type Cに対応していないモニターでも、MacBookのクラムシェルがケーブル1本で実現できます。

説明用にケーブルは隠さず配置

実際の使ってみた感想

実際に使ってみた感想としては、外出先などの一時的な使用に向いてるなぁという印象です。

Nintendo SwitchもMacBookも、安定して画面出力&充電ができました。

ただ、結局据え置き場所としてはやっぱりドックが良いと実感しました。今回デスク用として購入しましたが、本体を持ってきてUSBを挿して、、といった手間がめんどう。(そして配線もキレイにしにくい)

ホテルや友人の家といった外出先で、大きな画面でスイッチを遊びたい!というケースが合ってますね。

普段はこうやってモニター裏にかけてます

あと個人的に盲点だったのが、わたしが使用しているDellのモニターにスピーカーがなかったこと。

普段MacBookではEcho Show5をBluetoothスピーカーとして使用していました。

今回スイッチの音を再生するために、たまたま持っていたAnkerのスピーカーとスイッチをオーディオケーブルで繋いで出力するハメに。(なんとも配線が美しくない…)

まとめ


以上、Nintendo Switchの出力ケーブルのご紹介でした。

興味本位で買ってみましたが、個人的にはあまり使わなそうです。(長期の海外出張時に使ってみようかな)

動作は問題なく、MacBookのモニター出力にも使えるので、用途がマッチする人にはおすすめです。

それでは、今回はこの辺で失礼します。Twitterをフォローしてもらえたら嬉しいデース