MagSafe対応 MOFT。iPhone 12のおすすめ便利グッズ

商品レビュー

どうも、yasuです。

2020年にiPhone 12 miniを買ったものの、今までMagSageを活用する機会は特にありませんでした。そんな中、iPhoneに取り付けて使用できる便利グッズ「 MOFT」の新作が登場していたので、さっそく購入しました。

それではご紹介していきたいと思います。

MagSafe対応 MOFT

今回わたしが購入したのは、以下の「MOFT」です。スマートフォンの背面に貼り付けて、折り曲げてスタンドとして使用することができるモノです。

実はわたしはこのMOFTシリーズを使うのは今回で2回目です。粘着シートで貼り付けるタイプを約1年使用していました。これがめちゃくちゃ便利で、MOFTシリーズはファンもたくさんいます。今回ご紹介するMOFTは、MagSafeつまり磁石で使用できるタイプで、iPhone 12シリーズのユーザーにおすすめです。

MagSafe対応 MOFTレビュー

それではMOFTをレビューしていきます。パッケージは非常にシンプル。

裏面には、MOFTの活用例がイラスト付きで紹介されています。確かにこれはわかりやすい。

パッケージから取り出した様子。iPhone 12 miniと並べてみました。ブラックの統一感がいい感じ。MOFTも革っぽい仕上げなので満足度が高いです。

MOFT自体の重量は約40g。iPhone 12 mini + 純正レザーケースに組み合わせると、約200gになります。小さくて軽いiPhone 12 miniが重くはなりますが、小ささと利便性は健在。また、MOFTは気軽に着脱できるのがGood。

MOFTの厚みは4mm。そこそこ存在感はあります。iPhoneにケースを付けていない場合は、この高さがカメラの出っ張りを守ってくれます。

それではMOFTの便利な活用例をご紹介していきます。まずは基本の縦置き。画面が見やすい角度で机に立てておくことができます。

この隙間に指を通すことで、スマホリングのようにしっかりとスマホを保持できます。iPhone 12 mini がさらに安定した状態で片手操作ができます。

こんな感じで横置きすることも可能。この状態だと持ち上げてスマホを操作するのが楽なので、わたしはこの置き方をよく使います。iPhone 12 miniではこの置き方は少しカタつくので、横で動画を観る時は次の置き方がおすすめです。

それがこちら。今回MOFTがMagSafe対応したことの利点をうまく活用しています。MOFTとiPhoneが磁石でくっついているので、角度を90度回転することで少し浮いた状態になります。

このように少し浮くだけでも、画面の見やすさはかなり違います。本当によく考えられてる。

そして最後に忘れてはならないのが、カード収納できる機能。この折り曲げた隙間に、カードを最大3枚収納できます。

しかし、今回MagSafe対応になったことのデメリットが。今回磁石での接着となるため、磁気タイプのカードを収納すると狂ってしまいます。前のMOFT Xを使用していた時は、駐車券やホテルのルームキーなどを入れるのに重宝していたので、これは残念でした。

まとめ

以上、MagSafe対応のMOFTのレビューでした。

今まで使っていたMOFT Xが便利だったので、新作ということで速攻購入しました。iPhone 12 miniは元から小さいので使用当初は「あれ、もしや不要だった?」と思いましたが、ずっと使ってるとやはり便利でした。

また、ちょっと身軽にしたい時は外せばOKなので、気分次第で付け外しできるという心理的な安心もあります。とはいえほぼずっと装着してますが笑。

それでは、今回はこの辺で失礼します。Twitterをフォローしてもらえたら嬉しいデース