映画「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」の感想。内容スッカスカ

映画・ドラマ

 

どうも、yasuです。

2021年12月3日に公開された、映画「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」を観てきました。

スパイダーマンの悪役「ヴェノム」が主役の映画で、本作は2018年に公開された1作目の続編にあたります。

期待しないようハードルを下げて観ましたが、それをも下回る作品でした。。

それでは、実際に観てきた感想をご紹介します(ネタバレなし)

ざっくりあらすじ

ジャーナリストの男性に寄生したものの、食欲を制限されてストレスを溜め込んだ地球外生命体。宿主の男性は未解決事件を追い、服役中の死刑囚と再会する。猟奇殺人を繰り返し、刑期が迫った死刑囚は彼の腕に噛み付くが、その血液が通常の人間のそれではないことに気づく。

シネマトゥデイ作品ページ

「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」の感想

久しぶりにハズレ作品に当たりました。

「頼む…面白くなってくれ…」とずっと祈りながら観ましたが、願い叶わず。

感想をざっくり表現すると

  • どの登場人物にも感情移入できない
  • 闘わないといけない設定が雑
  • アクションが前作から進化がない
  • 笑えるシーンが笑えない

となかなか散々でした(個人の感想です)。

2018年に公開されたヴェノムは良い感じにまとまっていただけに、続編はがんばってほしかったところ。

created by Rinker
¥400 (2022/09/24 07:24:03時点 Amazon調べ-詳細)

主演のトム・ハーディもヴェノムもカッコいいので、その点は楽しめました。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Venom (@venommovie)

まとめ

以上、「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」の感想でした。

頭を空っぽにして、何も考えずに観れば楽しめるかなーという感じでしたね。

もうちょっと何とかできたのではと思いたくなる、少し残念な一作でした。

「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」4/10点(2021年12月)@Tジョイ東広島

映画は1900円もするので、ハズレを引いたときの心理ダメージが大きいです。

「マトリックス レザレクションズ」を観るのが怖くなってきてしまいました。

それでは、今回はこの辺で失礼します。Twitterをフォローしてもらえたら嬉しいデース

created by Rinker
¥1,604 (2022/09/24 07:24:04時点 Amazon調べ-詳細)