月刊 yasu LIFE [1月号] 2021年もよろしくお願いします

ブログ

どうも、yasuです。

ガジェットブロガーのわたしが日々の生活で思ったことを、ただただ記録する月刊 yasu LIFE。決まったテーマは特にありません。

今回は2021年の一発目。自分なりに2020年を振り返ろうと思います。

そうです。本当は2020年にこの記事を書くつもりでしたが、スマブラをしたり紅白を観てまったりしていました。

ということで2021年の1月号として始めたいと思います。

2020年を振り返る

わたしの2020年をざっくり振り返ると、

・7年ほど乗ったアウディからBMWに買い替えた
・デスク周りのアイテムをアップデートした
・人生で初めて海外(台湾)に2ヶ月滞在した
・甥っ子のかわいさにひたすら癒された
・Netflixやブログなど1人時間を楽しんだ

といった感じです。自分のブログを見ながら振り返ったので、少し視点が偏ってるかも。

仕事では1年かけて企画からプロモーションまで準備してきた商品を、日本と海外で発売できたのが大きな節目でした。忙しい時期が続いて辛いこともあったけど、やっぱり商品企画は楽しい。

それでは、いくつかの視点で2020年を振り返っていきます。

たしかにニューノーマルになった

2020年はやはりコロナ禍で色んな生活スタイルが変わった年でした。

最初は不自由や不安を感じることも多かったですが、「ニューノーマル」「お家時間」といった言葉で定義されたことで『まぁこう変わっていくんだな』と実感して少しずつ前向きになれたと思います。

特に時間の楽しみ方を考える良い機会になったかなと。自転車を買って近所を散歩して新しいお店を発見したり、カメラα6400を持ってフラっと散歩したりと、自分の好きなモノ・コトを再認識できました。

なかなか今後どうなるか分からないですが、いつも気持ちは明るく。2021年も良い年になると信じてます。

人生の記録としてのブログ

2018年頭にブログを始めて約2年。当初は自分の趣味として生活の一部になると思ってもいませんでした。

ブログを始めたきっかけは、「わたしの兄が楽しそうにブログをやっていたから」というものでした。よくブログ界隈では「続けることが意外と難しい」とよく言われます。わたしも自分の趣味であるカメラやガジェットを軸に発信することで、ブログそのものが趣味になりました。

自分がどんなモノを買って、もしくはどんなコンテンツに触れて、どういうことを感じたのか。定期的に発信することでブログ自体が自分の人生記録にもなります。

普段何気なく過ぎていく日々がカタチとして残り、それが長く続いていくとさらに楽しくなっていきます。そしてブログが、もし誰かの役に立っていければさらに嬉しいです。

2020年に観た映画

ここで急に映画の話。映画好きなので、最後に少し振り返ります。

わたし2020年に映画館で観た作品は以下の5つでした。

・パラサイト 半地下の家族
・ハーレイ・クインの華麗なる覚醒
・コンフィデンスマンJP プリンセス編
・鬼滅の刃 無限列車編
・ワンダーウーマン 1984

一時は映画館が封鎖されたり、作品が続々と公開延期になったりと少し寂しい部分もありました。そんな中でも普段はあまり観ない邦画を楽しめました。特に鬼滅の刃は『また世間が騒いじゃって…』と思ってましたが、いざ観ると終盤はずっと泣いてしまいました。しかもその後、漫画を全巻購入して読破しました。笑

自分は本当はミーハーなのに、世間で流行してるコトに少し冷めた反応をしてしまうことも。やっぱりマーケッターや企画マンは世の流れを知っておくことは必須だなと。(というか楽しみを逃すともったいない)

ちなみに2019年は16作品を映画館で観ました。アベンジャーズやSTARWARSが完結する節目の年だったなあとしみじみ実感。

まとめ

以上、月刊 yasu LIFE 1月号でした。

2021年は、英語の上達、中国語の勉強、自宅のデスク環境整備、資産形成などやりたいことが沢山あります。目標を具体的に設定してがんばろうと思います。もちろん、カメラやガジェット、ブログを楽しみながら。

最後まで読んでいただきありがとうございました。2021年もよろしくお願いします!

Twitterをフォローしてもらえたら嬉しいデース

created by Rinker
Apple(アップル)
¥60,766 (2021/07/27 18:40:41時点 Amazon調べ-詳細)