Anker製Bluetoothスピーカー「Soundcore 2」レビュー。防水でお風呂でも使える

商品レビュー

どうも、yasuです。

最近はステイホームが捗るグッズを色々と集めています。家の中でコンテンツを楽しむ機会が増えてきたので、今回はAnkerのBluetoothスピーカーを購入しました。

開封レビューに加え、購入した理由・比較した製品などもご紹介したいと思います。

それでは早速いきましょう。

今回購入したBluetoothスピーカー

わたしが購入したのは、Anker「Soundcore 2」のブラックです。

Ankerといえば、モバイルバッテリーや充電ケーブルなどの製品が、安くて品質も良いことで有名です。最近ではサイクロン掃除機やロボット掃除機も展開されています。

最近わたしは週末に、お風呂でNetflixやYoutubeをゆっくりと観ることにハマっています。『せっかくなら臨場感ある音で楽しみたい』ということで、防水のBluetoothスピーカーを買うことにしました。

予算は5,000~6,000円でしたので、Ankerの他には以下の2つで迷いました。JBL製の「JBLCLIP3BLK」はカラビナが便利そうでしたが、総合的な性能がAnkerの方が上でしたので見送り。

もう1つは、ちょっとかわいいロディのスピーカー。これなら使わない時もおしゃれに飾れるなと思いつつも、レビューがあまり評判良くなかったので、こちらも見送り。

ということで、Ankerのスピーカー購入に至りました。

開封&使用レビュー

それではさっそく開封

箱を開けると、スピーカー本体と充電ケーブル等が入った箱が出てきます。

中身を取り出すと以下の通り。必要最低限の同梱物です。

スピーカー本体を、iPhone XSと並べてみます。サイズ感は比較的コンパクトで使いやすいです。

本体をもう少し見ていきます。マットでサラサラとした手触りです。本体上部のボタンは、左から電源・音量down・再生/停止・音量up・Bluetoothとなってます。もちろん防水なので、各マークの部分をカチッと押すイメージです。

ボタンのサイドには、充電ランプやBluetooth接続のランプが付いています。

本体の側面に、有線で音を出力できるAUX端子と、microUSBの充電端子が付いています。microUSBは、少し古いAndroidやデジタルカメラに使われている端子です。今はUSB type-Cが主流なので、microUSBは少し残念です…

使用レビュー

それでは、実際に使用してみたレビューです。

・音質は比較的クリア&低音しっかり
わたしは音にはそんなに詳しくないですが、少なくともスマートフォンよりは各段に音体験が上がります。大き目の音を出しても割れることが無く、心地よく音楽や動画の人の声を聴くことができます。

・どこにでも置きやすい
本体がコンパクトなので、気軽にお風呂のフチの部分や、部屋のちょっとしたスペースに置けます。コードレスの強みが最大限生かせます。

・バッテリーはけっこう持つ
メーカー公称で、最大24時間バッテリーが持ちます。実際に使ってても気が向いたら充電する程度で、電池を気にしたことはないです。

あと唯一気になった点としては、音がわずかに遅延することです。これはBluetoothである以上、仕方ない部分ではあるので、わたしには致命的ではないです。しかしゲームとかそういった用途には向かないので、人によっては事前に気を付けておいた方がいいです。

まとめ

以上、Anker防水Bluetoothスピーカーのレビューでした。

家で過ごす機会が多い最近ですが、こうしたグッズがあると楽しみが増えますね。ちょっとしたご褒美や楽しみが、日々の励みにもなります。わたしは、次は何を買おうかと悩む時間も楽しみとなってます笑

それでは、今回はこの辺で失礼します!Twitterをフォローしてもらえたら嬉しいデース